無農薬・無化学肥料・有機栽培の農畜産物・石けん・合成添加物無添加の食品などを扱う生活協同組合です。
トップページに戻る 愛媛有機農産生活協同組合(ゆうき生協)って何? 愛媛有機農産生活協同組合(ゆうき生協)の行事、イベント情報 愛媛有機農産生活協同組合(ゆうき生協)の画像集(ギャラリー集)


 牛乳と同様に売られている乳製品について  
「 成分無調整牛乳 」
・生乳100%を原料にした牛乳。高温殺菌、低温殺菌牛乳あり。

「 加工乳 」
・40%〜60%の生乳に脱脂粉乳、無塩バター、添加物などを水に溶かした還元乳を60%〜40%加えたもの。

「 低脂肪乳 」
・牛乳から生クリームなどを取り除き、脱脂粉乳を添加した加工乳。

「 乳飲料 」
・「コーヒー牛乳」など。2割程度の牛乳、脱脂粉乳にコーヒー抽出液や果汁、砂糖、香料、ペクチンなどを加えたもの。


 上記のように一般に牛乳と同様に売られているものには何種類もあります。一般的な定義では「牛乳は生乳に加熱殺菌と均質化(ホモジナイズ)処理だけしたもので、それ以外に他物を混入されてはならない」とされています。
 上記で言えば、「成分無調整牛乳」が名実ともに牛乳と呼べるでしょう。恐らくどれもあたかも牛乳のようなパッケージで売られていので注意が必要です。牛乳パックの記載を確認することが大切です。
「成分無調整牛乳」以外は輸入された安い脱脂粉乳やバターなどを加えているので、メーカーにとっては利幅が広くなって、企業利益を追求された乳製品と言えます。これらは栄養価、カルシウムも本来の牛乳より低いのが特徴です。また、「成分無調整牛乳」と表示されていても、殺菌温度による違いもありますので、注意しましょう。



 殺菌方法による牛乳の違い
「 低温長時間殺菌法(LTLT)」
・62℃〜65℃で30分。現在ではほとんど生産されていないが、最も生乳の特質を残した牛乳。

「 高温短時間殺菌法(HTST)」
・72℃〜75℃で15秒。欧米では主流。低温殺菌牛乳の部類に属する。わが国では一部の中小メーカーが生産。

「 超高温殺菌法(UHT) 」
・85℃6分の予備加熱後、120℃〜140℃で0.5秒〜4秒。わが国の大部分の牛乳がこの殺菌方法で製造。

「 超超高温殺菌法(LL) 」
・85℃6分の予備加熱後、130℃〜150℃で0.5秒〜4秒。日持ちするため自動販売機などでも売られている牛乳。ロングライフ牛乳と呼ばれる。


 上記のLTLT、HTSTなどは一般に低温殺菌牛乳とよばれ、パスツールの名にちなんで「パスチャライズドミルク」とも呼ばれています。この2種類は有害な病原菌だけを死滅させ、有用な乳酸菌はもとより、牛乳の栄養、風味を残した本来の牛乳といえます。欧米ではこの牛乳が主流で、高温殺菌の牛乳が敬遠されているのが現状です。

 しかしながら、わが国では法律上で殺菌温度の上限がないために、大部分の牛乳メーカーは殺菌温度を上げ、賞味期限の長い牛乳の製造を増やしたのが現状です。この方がメーカーにとっては合理的で大量生産が可能で企業収益が上がるからなのです。

 また、ロングライフ牛乳の場合、パックの消毒に用いられる「過酸化水素」の残留のおそれも心配とされています。



 良い牛乳の選び方
 まずは、「加工乳」と呼ばれる牛乳を避け、「成分無調整」の表示がある牛乳を選ぶのが最低限の選び方でしょう。加工乳は脱脂粉乳や無塩バター、合成添加物など、生乳の本来の成分を失った工業製品であり、メーカーの利益のみを追求した牛乳となっています。

 次には、殺菌温度に注目しましょう。殺菌温度は大まかに「高温殺菌」と「低温殺菌」とがありますが、100℃以上での高温加熱殺菌は牛乳に豊富に含まれる消化吸収のよい「可溶性カルシウム」が破壊される栄養上の問題、さらには過酸化水素の毒性も問題となります。わが国ではほとんどが100℃以上での高温殺菌の牛乳となっていますが、100℃以下の低温殺菌の牛乳を選ぶのが適切です。

 さらに140℃の高温で殺菌する「ロングライフ牛乳」は問題外でしょう。牛乳パックに記載されていますので、その表示を見て選ぶようにしましょう。一般には「パスチャライズ牛乳」と呼ばれている牛乳です。

 最後に、市場ではほとんど販売されてはいませんが、「ノンホモ牛乳」と呼ばれる「ホモジナイズ処理(均質化処理)」をしていない牛乳を選ぶことが適切です。
ホモジナイズ処理とは過度の圧力を加えて、天然の生乳中の脂肪球をこなごなに細粒化する処理のことです。単純に舌触りと腐っているように見せないための処理です。この処理もまた生乳の成分を損ない、アメリカでは心臓病の原因であるという学説もあるほどです。このことから、出来れば「ノンホモ牛乳」を選ぶようにしましょう。

 さらにこだわるならば、過酸化水素の残留が心配されるパック牛乳より、瓶牛乳を選ぶのが「過酸化水素」の毒性を心配しなくてもよいでしょう。


まとめるに、最も生乳に近く、安全で安心な牛乳とは・・。
「成分無調整、低温殺菌、ノンホモ瓶牛乳」
となります。



 参考ホームページ
「おいしくて安全な牛乳が飲みたいよ」
http://nakamanman.f2g.net/milk.html

「低温殺菌牛乳普及会」
http://www.zaq.ne.jp/tei/milk/

「牛乳のわがままランキング」
http://www.h2.dion.ne.jp/~wagaran/index.html



愛媛有機農産生活協同組合(ゆうき生協) 愛媛県松山市東方町甲2289
TEL(089)963-1002  FAX(089)963-3863
Copyright(C)2002 Co-op Yuuki. All rights reserved
.