無農薬・無化学肥料・有機栽培の農畜産物・石けん・合成添加物無添加の食品などを扱う生活協同組合です。
トップページに戻る 愛媛有機農産生活協同組合(ゆうき生協)って何? 愛媛有機農産生活協同組合(ゆうき生協)の行事、イベント情報 愛媛有機農産生活協同組合(ゆうき生協)の画像集(ギャラリー集)


 食品添加物について  基礎編
 現在、加工食品時代に入って、私たちの体に急に大挙して侵入してきたのが食品添加物です。先祖代代、誰にも体に入れなかったものです。食品添加物には「発ガン性」「遺伝毒性」「アレルギー性」の3大毒性が考えられています。発ガン性がわかって、禁止されたものもいくつもあります。近年、急激にガンの死亡数やアレルギー患者が増加しているのも、この発ガン性物質が影響していると考えられています。

 食品添加物の場合、使えば使うほどメーカーは利益をあげ、私たちはこれを体に入れれば入れるほど、健康被害の可能性が高まるという消費者にとっては割に合わないものです。現在、一年間で一人当り約4kgの食品添加物を摂取していると考えられています。

 現在、使用が許可されている食品添加物は、動物実験などで毒性テストをしているものもありますが、それがすなわち人間に対しても安全かは、言い切れないようです。これまでにも 安全だといわれて使われてきた添加物が、その後、研究が進むに従い、何年か後にその毒性が判明、使用が禁止される場合もありました。(豆腐やハムなどに使われていた「AF2」などが有名です。)

 また、1つの食品に数種の添加物が同時に使われる場合の総合作用や、食事は、いろんな食品を同時に食べるわけですが、それぞれに含まれている複数の食品添加物を同時にとることについての安全性はわかりません。このように添加物の「相互毒性」はまだまだ不明のなため、健康被害が心配となります。

 さらに、毒性そのものの現れ方はいろいろで、急に現れる「急性毒性」のほか、10年20年後に現れる毒性、何代か後に(その後生まれてくる子供に悪影響が出る)現れてくる「遺伝毒性」などもあり、決して安心して口にできるというものではないようです。



 食品添加物について  応用編
 次に紹介する食品添加物は、それぞれ「発ガン性」などの毒性が知られているからです。最近の食品行政は発ガン性が見いだされても禁止しなくなりましたので、特に危険です。海外では禁止されているものもあります。

【  危ない食品添加物  】

OPP(オルトフェニルフェノール)
米国から輸入されるカンキツ類の「防カビ剤」。主に輸入レモンやオレンジ、グレープフルーツなどに使われています。遺伝子損傷性、変異原生、ラットで膀胱ガン が発生など危険性が確認されているにもかかわらず使用されています。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
バターや食用油脂、ガムの「酸化防止剤」。遺伝子損傷性、変異原性、染色体異常、ラットで発ガンが確認。現在では一部を除き禁止されている。

臭素酸カリウム
パンなどの「品質改良剤」。大量にパンを焼く際にきめ細かく、ふんわりと焼くために使用。中枢神経麻痺、眼球破壊、遺伝子損傷性、染色体異常、発ガン性。昭和50年代には追放運動も起こったが、禁止には至らず。

過酸化水素
練り製品やゆでめん、しらすなどの「殺菌、漂白剤」。「漂泊かずのこ」が有名。遺伝子損傷性、染色体異常、・マウスで発ガ ン、ラットで強い急性毒性がある。

亜硝酸ナトリウム
ハム、ソーセージなどの「発色剤」。ハムなどがサーモンピンクをしているのはこの添加物の効果。染色体異常が確認され、アメリカではベビーフードへが使用禁止されている。

タール色素(11種類)
あらゆる食品の「合成着色料」です。「食用赤色104号」「同105号」「同106号」など遺伝子損傷、変異原性、染色体異常、発ガン性などが確認され、現在、8種類は海外では禁止されている。

サッカリン
あらゆる食品の「合成甘味料」です。歯みがき粉やガム、清涼飲料、アイスクリームなどに使用。1973年に発ガン性があるとして禁止されたが、1ヶ月後に再認可。アメリカでは発ガン性物質に指定され、禁止されている。

ソルビン酸
あらゆる食品の「防腐剤」です。主にハムや練り製品、漬物などに使用。発色剤の「亜硫酸Na」と反応して発ガン性物質を形成する。

プロピレングリコール
「品質改良剤」。生めん、ギョウザの皮などに使用。遺伝毒性の報告もあり、ドイツでは使用禁止。各種の用途があり、大量摂取されているもののひとつ。


 上記はいずれも遺伝毒性、発ガン性などの危険性が証明されているのもかかわらず、現在でもわが国で使用されている食品添加物ですのでこれらのものは積極的に避けるのが適切です。



 食品添加物Q&A
Q.なぜ、食品添加物は問題なのですか?
A.発ガン性、アレルギー性、遺伝毒性などの自身の健康を害するということはもちろん自分の子供や孫にまでその影響があることが問題のひとつです。さらに重要なことは、食品添加物の特性として、農薬や合成洗剤とは違い、かならず私たちの体に摂取されるのです。しかも、生産者の利益のために意図的に投入されていることが問題なのです。そして、毒性のある食品添加物が認可され場合、被害は国民全体におこることも問題なのです。たとえば、食品添加物に発ガン性があれば、その被害者は国民全体大集団の中で、ガンは確実に増加しつづけるのです。

Q.指定されているのだから、その添加物は安全でしょう?
A.確かに、国(厚生労働省)の認めた食品添加物ですが、それがそのまま信用できないのが現状です。厚生労働省などの国の機関が催奇形性などの危険を予測・確認しているにもかかわらず禁止されず放置されているのが、まだ多いのが現状です。 具体的な例として、「サッカリン(甘味料)」「食用赤色2号」などの「タール色素」「亜硝酸ナトリウム(発色剤)」などがあげられます。

Q.複数の食品添加物が入った食品がどうでしょう?
A.危険度は高くなります。つまり、ある添加物に発ガン性がみとめられない場合でも、別の添加物と体内で反応して新しい発ガン性物質をつくりだすことがあるのです。このようなケースを相乗毒性と言います。ただ、現在は一つの食品に添加物が一つということはまずないし、1日で60種類もの添加物をとるといわれる日本人にとって、この相乗毒性は重大な問題となるでしょう。



 食の心得について
1.食べ物に関心を持ちましょう。
食べ物に関心を持つことによって、食品添加物の体への摂取量がひとりでに少なくなります。関心を持つということは、食品の成分表示を見ることや、食品添加物の勉強をすることなどでしょう。

2.危ない食品添加物を避けましょう。
海外で禁止されているものや確実に発ガン性が知られているものが未だに国内では禁止されていません。それは確実に避けるようにすべきです。「OPP」「BHA」「臭素酸カリウム」「過酸化水素」「亜硝酸ナトリウム」「タール色素」「サッカリン」「ソルビン酸」「プリピレングリコール」「デヒドロ酢酸」などが危険とされています。

3.加工食品には頼らない。
なるべくインスタントなど加工食品には頼らないのが懸命です。食品業界は長く保存するために、加工食品を製造しますが、それらにはあらゆる食品添加物が持ちいられています。

4.野菜を食べること。
野菜にはあらゆる健康を維持する為の効用があります。がん予防など効用もあります。また、気をつけたいのが、旬のものを食べることです。旬を食べることで、農薬の心配を少なくするからです。

5.よく噛むこと。
唾液の酵素群が発ガン性物質を消すことが確認されています。現在、スローフードが流行していますが、利にはかなっています。1口30回は噛むことが理想をされています。



 参考ホームページ
「食品添加物の怖さ」 
http://www.nnet.ne.jp/~matsuda/tenkabutu/kowasa.htm



愛媛有機農産生活協同組合(ゆうき生協) 愛媛県松山市東方町甲2289
TEL(089)963-1002  FAX(089)963-3863
Copyright(C)2002 Co-op Yuuki. All rights reserved
.